2018年05月07日

雲井の鶴も咲く

大型連休明けの日ですが、雨の強い悪天候になっていますね。これからも大雨の予報もあるようなので、皆さんもお気を付けください。

さて、雨の中、光格天皇ご命名の珍しいカキツバタ、「雲井の鶴」が咲き始めております。このカキツバタの御朱印も用意いたしました。

皆様の参拝をお待ちしております。

s-IMG_0350.jpg

s-IMG_0349.jpg
posted by 左馬頭 at 11:57| 京都 ☔| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

五月の御朱印 第二弾

最近は、良いお天気が続いて、夏のような日々ですね。

さて、当山今月はなりひら月間ということで、先のカキツバタに加えて、藤の花をあしらったものを準備しました。

また、山内は春の草花で一杯で、赤いレンゲや黄色いキツネのボタンが参道を彩っております。そこで、見開き大で、蓮華地蔵尊御朱印を用意しました。しかしながら、これは肉筆での製作のため数は限られており、なくなり次第終了となります。なにとぞ、ご理解ください。

気候の良くなってきたこの時期、皆様の参拝をお待ちしております。

s-IMG_0348.jpg

posted by 左馬頭 at 17:12| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

桜も終わって、藤の季節

春も駆け足で通り過ぎて行って、新緑のまぶしい季節になりましたね。

今年は、藤の花もきれいに咲いて、緑の背景に綺麗に映っています。

さて、来月5月は、当山恒例、業平忌が開催されることもあり、例年通り在原業平卿を中心とした御朱印を出していく予定です。

その第一弾は、カキツバタの地模様に、「からころも きつつなれにし つましあれば」という業平卿の和歌を書いたものを授与いたします。

また、恒例の観音様の御朱印は、四つ目、「不能損一毛(ふのうそんいちもう)」です。悪人に追われて、山から落ちることがあっても、観音様を念ずれば、一つも傷つかない、というご利益になります。季節のお花は、この時期、境内を彩る黄色い花「キツネノボタン」です。

皆様の参拝をお待ちしております。

s-IMG_0346.jpg

s-IMG_0347.jpg

posted by 左馬頭 at 11:56| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
http://www.moneypartners-kuchikomi.com/